日本VSオーストラリア相槌の違いとは?!

オーストラリア、英語学習情報

Hi Everyone!

英会話力ゼロから

オーストラリア移住

ロングステイを成功させる
専門の英会話講師Lisaです♪
今日は
「日本VSオーストラリア相槌の違いとは?!」
というお話
私たちが、日本語を話す時って
相手の話をちゃんと聞いてるよーって
意味を込めて
「うん、うん」
「ふむふむ」
って沢山頻繁に首を縦に振って相槌を打ちますよね?!
 
日本の文化に慣れていない
西洋人から見ると振り子が
頭を振っているように
見えるそうですニヤリ
 
この日本語版相槌を英語を話す時に
やると明らかに多い。
「うん、うん、ふむふむ、うん、うん、ふむ、…………………………………」
すると、こっちは一生懸命
聞いてるのを伝えてるつもり
なのに、相手には
あんた、私の話聞いてる!?ムキー
もう、どうでもいいと思ってるでしょ?!
となってしまうことがあります。
ですから、英語を話す時は
相槌の頻度は
日本語を話す時の
半分でいいと思います。
そして、うなづくだけではなく
「I see」
「I understand」
「Right!」
「Ok」
など、
言葉を発した方が
よりナチュラルになりますので
是非チャレンジしてみてくださいねウインク
——————————————————————————————–
6日間無料メールセミナー♪
87600時間のオーストラリアでの
経験に基づき
英会話初心者さんが今日からできる
独学法5ステップ
受講される方はこちら
↓↓↓
https://17auto.biz/enjoy-english/registp.php?pid=2
————————————————————————————————–
有料級の無料動画集

【オーストラリア長期滞在

移住を目指す英語初心者専門】

英会話ゼロからのHappyオージーEnglish” on YouTube
https://m.youtube.com/channel/UCoWQIY7ivvxfAYXKPlI_MHA/videos

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

HappyオージーEnglishコミュニティFacebook
https://www.facebook.com/EnjoyAustralianEnglish

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました